目黒若葉寮について 理念・基本方針

理念
目黒若葉寮は
出会いと支えあいを大切にし
人と社会をつなぎます。
基本方針
  1. 私たちはすべての子どもの権利を守ります。
  2. 私たちは安全で安心・快適な生活環境をつくります。
  3. 私たちは子どもの心を育むとともに意思を尊重し自立を支援します。
  1. 私たちは出会った子どもたちを見守り続けます。
  2. 私たちは子どもと家族の結びつきを大切にします。
  1. 私たちは地域に貢献できる施設を目指します。
  2. 私たちは責任ある行動をし、成長し続けます。
  3. 私たちは児童養護施設の役割を広く社会に発信していきます。

事業目的

童福祉法第41条に、児童養護施設とは、「保護者のない児童(乳児を除く。ただし、安定した生活環境の確保その他の理由により、特に必要のある場合には、乳児を含む、以下この条において同じ。)、虐待されている児童その他環境上養護を要する児童を入所させて、これを養護し、あわせて退所した者に対する相談その他の自立のための援助を行うことを目的とする施設とする。」と、定義されている。
この定義に沿って、「養護」「アフターケア」「自立」を重視し、子どもの最善の利益を図り、社会貢献できる事業体を目指す。